ものづくり補助金 2年連続採択

東京都足立区 小川畳店様
【両用ロボットVictory】&【マルチロボットKT-Ⅱ】大活躍


ogawa1

東京都足立区東和でお店を構える小川畳店様をご紹介します。

会社紹介

2代目で代表の小川崇様は、畳の伝統を守りながらも新しいものを考え、畳に関連する畳表や畳縁を使った蝶ネクタイやバックを販売。

ミニ畳などを作るワークショップを開催されるなど、地元のお客様を大切にされ地域に密着した活動をされています。

また「5日で5000枚の約束」というプロジェクトの広報担当をされており、災害時に避難所へ畳を届ける活動もされ、幅広い分野で活躍されています。

小川畳店様2

導入のきっかけ

小川畳店様と営業担当の私(三宅)の自宅はとても近く、セールや催事があれば営業訪問していました。


機械を入れ替える時には、是非とも当社にとお願いしていたところ、『ものづくり補助金』を2年連続活用して

2020年1月『両用ロボットVICTORY』

2021年1月『マルチロボットKT-Ⅱ』を導入していただきました。 


小川畳店様1

当社機械を選んだ理由

1
番は営業担当の家が近いこと(笑)。と冗談で話されましたが

これからの自店の仕事を考え、マッチしている機械だった。

特注の返テープに対応してくれた。

畳店さん見学で、工場が狭くてもなんとかなり、1人で畳製作ができるので、営業・見積時間等の問題点が解消できると思った。


導入後の変化

女性でもできるシステムになり、新たな雇用ができる体制になった。

②ヒューマンエラーが減り、寸法精度がとても良い。

③畳を担がなく作業することができ、身体への負担も軽減され仕事の効率も良くなり枚数ができるようになった。


④畳以外の多角化を実施しているJCS畳店様が多く、たくさんの情報が得られて勉強になる。


今後の予定

人の採用を考えて、さらに売上アップしていきたいと意気込んでおられます。


この度はお忙しい中、取材にご協力していただき、誠にありがとうございました。


畳事業部 北海道・南関東担当

課長代理 三宅 良祐


東京都足立区  小川畳店様  ホームページ

小川畳店