セミナー全景(頃安)

熊橋統括部長
昼食後に開催したセミナーは、畳事業部 熊橋武彦 統括部長の司会で始まりました。

頃安社長
頃安雅樹社長より「差別化戦略の推進により生き残り発展する畳店へ」と題して、畳業界の常識は世間の非常識、発想の転換が必要、畳業界の将来展望について、差別化戦略の必要性を唱えました。「業界のリーディングカンパニー」として、絶えず「商品開発」に努め、お客様の発展につながる「戦略提案」をより一層推進してまいります。

重澤畳店様
当初予定しておりました株式会社小池畳内外装様が急用で講演出来なくなり、急遽ふすまの実演をお願いしておりました重澤畳店様に、発表して頂きました。
岐阜県飛騨市古川町福岡町 重澤畳店 三代目 重澤頼正様の講演では、平成16年に親子2人で構造改革に挑戦して船井総研のコンサルティング指導を受け、年間4回新聞折込チラシを配布し、DM、ポスティング等を行い、個人仕事の掘り起こしを行いました。
また、平成20年には、改めて森田コンサルタントの指導を受け、畳殺菌乾燥機、ふすま表張機、ふすま框乾燥機も導入し、売上を伸ばしています。

セミナー全景(森田)

森田コンサル
森田孝雄コンサルタントは「今から間に合う畳仕事を増やす方法」と題して、新設住宅着工戸数の変化を説明し、まずは自店の売上(取引先別・商品別)把握を行うことが重要である。実際の支援先畳店のチラシ・DM・看板・ホームページ等の具体例を示し、作成するポント、実際の効果を説明しました。

畳仕事が低迷する中、何かヒントを得ようとする畳店で賑わい、今後の展示会も注目が集まりそうです。