極東産機(株) 東証JASDAQ上場記念 
 
 <繁盛畳店様 見学会&セミナー> 

2019年2月23日(土)

「神奈川会場」開催報告レポート

 会場:神奈川県川崎市 株式会社 野上様

 20190223kanagawa1

とてもきれいな工場の野上畳店様にて
『繁盛畳店様見学会』&
『繁盛店に学ぶ畳店経営セミナー』を開催しました
 

 <畳機械「スーパーミニライン」実演> 
 
一人で一日50枚製造できる「スーパーミニライン」ですが
本日はあえて3名勢揃いで
仲のよい実演を見えてくださいました
 
20190223kanagawa2
 
コンピューター式框裁断付框縫機
『マルチロボットKT』で框縫いを行います
 
20190223kanagawa3

「両用ロボット」と2台で
1人で1時間に「6畳」製造可能です
 
 20190223kanagawa4

女性の方でも簡単に操作できます

20190223kanagawa5

 「両用ロボットVICTORY」は一番売れている商品です
ぜひ動画をご覧ください!

スーパーミニライン 紹介動画

「両用ロボット」&「マルチロボット」

↓ 動画はここをクリック ↓

superminiline400

 
両用ロボットVICTORY 詳細はこちら

↓ 詳細はここをクリック ↓

kyokutokikai1r



<繁盛店に学ぶ畳店経営セミナー>

<極東産機株式会社

 代表取締役 頃安 雅樹 講演

 20190223kanagawa6
 
昼食後の「繁盛店に学ぶ畳店経営セミナー」は、
皆様熱心に聞いて頂きました。

上場審査を経て確信した
「勝ち残り発展する畳店のなすべきこと」
と題して講演しました

 20190223kanagawa7

上場審査の過程で質問されたこと:
「畳市場の縮小傾向の中、
どのように成長戦略を維持し 発展していくのか?」
これは畳店さん自身も常に自問自答されていることと思います。

この業界、
やり方次第では更に発展していくことが可能であって
当社の「構造改革提案」 に従って業績を伸ばし
後継者を育成して発展しておられる畳店さんが多数あること
その結果として当社も業績を伸ばしていることを説明し
理解してもらえました。

構造改革の基本は、畳店さんが発想の転換を行った上で、
以下の「4つの差別化戦略」を 実践することに他なりません。 

1、生産の超近代化
2、営業力の強化
3、事業の多角化
4、取扱い商品の多様化

 
 詳しい内容はこの映像をご覧ください 

「畳店の構造改革」紹介動画

↓ 動画はここをクリック ↓

kouzoukaikaku640


<神奈川県川崎市

 野上畳店  野上 玖潤子 様

 20190223kanagawa8

「3代でつなぐ匠の技 お客様の笑顔のために」
と題して講演して頂きました 

 <野上畳店様 ホームページ> 

↓ ホームページはここをクリック ↓


20190223kanagawa9

 < 当店の立地 >

神奈川県川崎市高津区 人口150万人
世帯数71万と多いですが
商圏は移転前の中原区を含め約3万世帯

20190223kanagawa10
 
< 当店沿革 >

昭和20年     : 主人の父が武蔵小杉で創業
平成14年  7月: 「構造改革」スタート
平成15年  4月: 義父が他界し、主人が2代目となる
平成24年  4月: 三男(善之)京都畳技術専門学院入学
平成27年10月: 中原区から高津区に移転
平成29年  5月: 第2次「構造改革」スタート
平成30年  4月: 息子が京都より戻り3名体制となる

20190223kanagawa11

< 平成14年7月 構造改革スタート >

・賃貸仕事中心で個人客が少なく
 将来が不安なので「構造改革」を決断する
・「スーパーミニライン」+「コンサルティング」導入
 
20190223kanagawa12

・高齢の義父に代わり女性の私でも
 この設備なら畳を製造できるようになった
 
20190223kanagawa13


< コンサルティング指導で実施したこと >

・目立つ看板に変えて来店が増えた

 20190223kanagawa14
   
・顧客DM
・新聞折込チラシ
・「タウンニュース」広告等実施
・個人客売上を大幅に増やすことができました
 
20190223kanagawa15

< 神奈川県実践研究会設立 >

同じ志をもつ神奈川県の「構造改革店」が
定期的に集まり勉強会を行っています
 
20190223kanagawa16

< 第2次「構造改革」のきっかけ >

・「構造改革」後15年間
 夫婦二人で日々営業努力をしてきました
 
20190223kanagawa17

・平成27年 消費税率アップの駆込み需要で
 仕事が多く入り売上確保できていた
・平成27年年末プレミアム商品券の取り扱いで売上が伸びた
・平成28年以降、売上が減少し危機感が出てきた
・平成30年春に、京都で修業している息子が帰ってくるが
 現状では十分な給料を払えない状況
 
20190223kanagawa18

< 平成29年5月 第2次「構造改革」スタート >

・東京都(株)加藤畳店へ見学に行きセミナーを聴く
・5月よりキョクトー「コンサルティング」を再度受講する
・価格の見直し
・在庫&保管方法改善
・商圏&集客方法を見直す
 新聞折込チラシの再開
・顧客DMを実施
・タウンページの活用、他
・平成30年4月息子が帰ってきましたが
 売上アップして、息子に給料を払えるようになった
 
20190223kanagawa19

< 今後の取組み >

・3人体制となったので
 仕事の役割分担を決めて生産性を上げる
・売上5000万円を目指す!
・あと10年がんばり、
 その間に従業員を入れて息子にバトンタッチする


野上 玖潤子 様
妻として母として経営者としての
貴重なご経験をお話いただき
誠にありがとうございました!

 
<極東産機株式会社

 森田 孝雄 コンサルタント 講演

 20190223kanagawa20

今日から活用する「繁盛店の法則」
と題して発表しました。
 
20190223kanagawa21

実際のコンサルティング先の
新聞折込チラシ・DM・看板・ホームページ等の
具体例を示し、作成するポイントや効果を説明しました。


 <セミナー参加者の声> 

20190223kanagawa22
20190223kanagawa23
20190223kanagawa24
20190223kanagawa25
20190223kanagawa26
20190223kanagawa27
20190223kanagawa28